フレンチ料理

フレンチと耳にすると、特別な時に食べに行く
高級なお料理だと思われていませんか。
しかし、実際は違います。
フレンチはとても繊細なお料理であることは間違いないのですが、“繊細”=“手が込んでいる”という事なのです。
最近では、家庭料理としても馴染み深いグラタン・ハンバーグ・シチューなども元々はフレンチであったと言われており、手間暇かけて作られたお料理こそ“フレンチ”なのです。

Hermitage-エルミタージュ-では、皆様のフレンチの概念を
良い意味で覆す、美味しい一皿でおもてなしさせて
いただきます。

パスタ

エルミタージュのお約束

手間暇かけて美味しさをお届け

フレンチ

フレンチのお出汁

フレンチの命

フォンドボー

フォンドボー

フォンドボー

当店では、手軽で美味しいとされる化学調味料は一切使わず、代わりに一つ一つに手間と時間をかけて調理しております。
特に“フォンドボー”はとった出汁をさらに煮詰めて3日ほどかけて完成させ、濃厚な旨味が食材を引き立てます。

日本の四季折々の食材

旬菜

旬菜

鮮魚

当店では旬の野菜に重点を置き、仕入れの際も野菜に合わせてメインの魚選びを行っております。
食材を見ながらメニューを組み立てる、食材ありきの献立のため、四季折々で旬の素材を毎日お楽しみいただけます。

むなかた牛

むなかた牛は、脂があっさりしており、中でも赤身肉は口の中でとろけるような柔らかさと芳醇な甘みが特徴の牛肉です。
ストレスを与えない環境で健康的に、安全で最適な自家製飼料で大切に育てられた牛の肉質は絶品です。

こだわりのお料理はこちらを

スタッフ紹介

友滝 智彦

Owner Chef
友滝 智彦

福岡の老舗有名店の花の木やメゾンドヨシダを始め、様々な飲食店を渡り、その後フランスのプロヴァンス地方で老舗の1つ星、2つ星、レストランで経験を積む。
一時帰国後、2008年にアメリカニューヨークへ渡り、フレンチイタリアンのレストランでヘッドシェフとして働き、2014年にミシュランに掲載される。
日本に帰国後、2015年2月14日にエルミタージュをオープン。
愛情を持って本格的なお料理をお客様に提供しています。

小林 良子

ソムリエール兼ホールマネージャー
小林 良子

福岡市内の飲食店でキッチンを経験し、調理師免許を独学で所得。
その他にもベジタブル&フルーツマイスター、コーヒーマイスター、ワインエキスパート、チーズ検定、着物着付け講師と、様々な資格を次々と取得。
その後、福岡の老舗フレンチ店で経験を積み、現在はエルミタージュにてソムリエール兼ホールマネージャーとして、美味しいお料理とワインを提供しています。
お客様の知らない世界への一歩を開拓すべく、自然で気取らないサービスを心掛けて接客をいたしております。

渡邊 功一

Chef
渡邊 功一

大阪府の調理師専門学校を卒業後、関西の有名ホテルやフレンチ店でシェフとして活躍。
更に腕を磨くべくスタジエを行い、将来はフレンチレストランのオープンを夢に、現在はエルミタージュにてお客様の笑顔の為に、真心こめてお料理を提供しています。

メールでの問い合わせ

Top